SEARCH
TAGS
支える会より (267) , 事業報告 (220) , イベント紹介 (163) , 馬の話 (131) , 競馬場より (100) , 事業予定 (60) , リッキーハウス (40) , ばんばショップ (23) , イベントサポート (18) , デザインコンクール (9) ,
ARCHIVES
LINK
最近のエントリー
ばんばショップ更新情報
ばんえい十勝トピックス
OTHERS
admin
 本年度第2回の馬学セミナーは、イタリア重ばん馬協会ジュゼッペ・ピゴッツィさんをお招きして、2月4日、帯広市の「とかちプラザ」で、「イタリア重ばん馬の現況とこれから」と題して講演をいただきました。
 重種馬を巡る生産や活動は、フランスやドイツなどが日本では多く紹介されていますが、イタリアでも、この種の馬の愛好家などによる活動が活発に行われています。今回、来日されたジュゼッペ・ピゴッツィさんが事務局長を務められるイタリア重ばん馬協会では、肉用として活用されてきた歴史を尊重しつつも、更に、「乗馬」や「馬車競技」など重ばん馬をパートナーとした多角的な活用を模索。それらの現状や意義などについて、お話しいただきました。重ばん馬が実際に活躍している写真など多くのスライドを用いた講演は、ピゴッツィさんの明るいキャラクターと相まって参加者の方々に大好評。本邦ではあまり知られていないイタリアでの重ばん馬の歴史や活用方法、その他について多くを知ることが出来た内容の濃いセミナーとなりました。
 「肉用」と「パートナーとしての活用」という2本立てで重種馬を活用している、という点でイタリアと十勝は似ており、「若い世代に馬の魅力を伝えましょう」「馬がいれば、人は自然に集まります」というジュゼッペさんの言葉に当会活動の背中を押していただいたような気がしました。
 今回は、日本馬事協会の協力を得て、このような国際的な視野のセミナーを開催できましたが、今後も機会があれば、こうしたセミナーの開催にも積極的に取り組んでいきたいと考えていますので、ご期待ください。

イタリア重ばん馬事情をお話し下さったジュゼッペ・ピゴッツィ氏
セミナー1s.JPG

札幌の会員さんなど、多くの方々に参加いただきました
セミナー2s.JPG

講演では、ばん馬との活動のスライドなども多く紹介されました
セミナー4s.jpg
  • (2014-02-25 14:03:43)
ご案内の通り、当会では重賞活躍馬などの蹄鉄を磨いて販売。ばんえい応援費用として活用させていただいていますが、最近は、ばんえい記念に向けて、活躍馬の蹄鉄を整理中です。
 そんな中、スタッフを驚かせた蹄鉄が、これ。
ダイヤ3s.JPG

 ホクショウダイヤの蹄鉄ですが、上下から押しつぶしたように平べったい変形蹄鉄。写真に撮ると、イマイチ、その扁平さが伝わらないんですが、実物は、「本当に、こんな形の蹄なのかしら……」と、首をかしげたくなるほど。
 でも、もっと不思議なのは、最近の同馬の蹄鉄が、そんなに扁平じゃなくなってきたこと。写真二枚目では、左から、昨年春先のもの、夏場のもの、秋口のもの、と、それぞれの時期の蹄鉄を並べてみました。
ダイヤ1s.JPG

 どうですか? 段々、普通の形に戻ってきているでしょ? 蹄鉄屋さんに聞いても詳しいことはわからなかったんですが、自然な形に戻った、ということは、きっと蹄の状態が良くなったんでしょうね。
 同じ馬の蹄鉄でも、こんなに違うんだ、と実感させてくれたホクショウダイヤに感謝、です。
  • (2014-02-22 16:19:31)
 1月末まで市民写真展を開催していた帯広競馬場スタンド入口横の「ばんえいギャラリー」ですが、2月からは二科展入選作品を展示。ご覧の通りの大型パネルに美装された同作は、その名も「究極の一馬力」。ばんえい競馬の力強さ凝縮された迫力の作品です。
 今回、作者の澤田真結さんのご厚意で、帯広競馬場での展示が実現しました。ばんえい記念の翌日(今年度開催最終日)まで展示する予定ですので、ご来場の際は、是非、同作の魅力をご堪能ください。

DSCN3968.JPG

DSCN3967.JPG
  • (2014-02-12 17:38:00)
今年も新年最初の1,2,3レースを協賛いたしました。
 ご承知の通り、当会では「受験のお守り蹄鉄」「開運蹄鉄」「有名馬蹄鉄」などの蹄鉄商品を販売していますが、年頭の協賛レースは、これら蹄鉄商品の売り上げの一部を使って実施しています。
 今年は、約88000円の蹄鉄売上積立金に、当会が若干の金額を足して、3万円×3レースを協賛しました。
 協賛レースの表彰式には、当会会員の方々にプレゼンターとしてお手伝いいただいたお蔭で、寒風吹きすさぶ寒い元日でしたが、和やかな協賛レースとなりました。

平成26年1月1日 第1レース
20140101-1R(NPO法人とかち馬文化を支える会様).jpg

第2レース
20140101-2R(NPO法人とかち馬文化を支える会様).jpg

協賛2s.jpg

第3レース
20140101-3R(NPO法人とかち馬文化を支える会様).jpg

協賛3s.jpg
  • (2014-01-10 13:59:22)
年明けの帯広記念を皮切りに、いよいよ、ばんえい競馬が熱くなる時期を迎えましたが、ファンの皆様をお迎えするスタンド入口の「ばんえいギャラリー」では、昨年12月初旬から「市民写真展」を開催中。ばんえい競馬をこよなく愛するアマチュアカメラマンの皆さんの作品を展示しています。様々な作品が寄せられているので、狭いスペースに全てを展示することはできないのですが、なるべく多くの作品を展示できるよう、作品を入れ替えて展示中です。
 市民展は1月末までの予定ですが、2月~3月末までの別企画の後にも、同種の展示を予定していますので、展示希望の方は、当会までご連絡ください。


調教風景やレースシーン、引退馬のポートレートなどなど、多彩な作品が寄せられています。
ギャラリー3s.jpg


島津騎手の写真を展示した途端に、同騎手が大活躍。ギャラリーに飾られた騎手は活躍する、って暗号???
1sギャラリー.jpg
  • (2014-01-10 13:37:47)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81