SEARCH
TAGS
支える会より (269) , 事業報告 (222) , イベント紹介 (164) , 馬の話 (132) , 競馬場より (101) , 事業予定 (60) , リッキーハウス (40) , ばんばショップ (23) , イベントサポート (18) , デザインコンクール (9) ,
ARCHIVES
LINK
最近のエントリー
ばんばショップ更新情報
ばんえい十勝トピックス
OTHERS
admin
本年度の新しい取り組みとして、札幌高等養護学校への出前授業を実施いたしました。札幌市手稲区にある同校には様々な科があり、同校学校要綱によれば165名の生徒が学ぶ大きな学校ですが、今回は、その中の園芸科から出前授業の要請があり、鈴木調教師、田上調教師、当会からは旋丸専務理事が、ミルキー号と共に同校を訪問しました。
 出迎えてくれた園芸科1~3年年生24名の生徒さんに、まずは、校舎内のホールで「開拓時代からの北海道の馬と人の暮らし」と題した授業を旋丸理事が実施。生徒さんたちは「昔、馬は、どんなところで活躍していたでしょうか」「馬は、どうして減ってしまったのでしょうか」などの質問にも積極的に答え、真摯に学習に取り組んでくれました。
 その後は、玄関前に出て馬車体験や乗馬体験など、馬とのふれあい授業に。ミルキーの穏やかな表情に、「可愛い!」と歓声をあげるなど、寒風吹きすさぶ中でも、全員が終始、満面の笑みを浮かべてくれました。
 授業終了後には、園芸科の生徒さんから、お礼の言葉に添えて全員で育てたシクラメンの鉢植えとニンジンをいただき、感動に胸が熱くなる場面も。往復5時間以上の遠路ではありましたが、生徒さんの笑顔に、疲れも吹き飛ぶ、そんな素晴らしい授業となりました。

s10.24札幌養護学校.jpg


s10.24札幌養護学校3.jpg


s10.24養護学校1.jpg
  • (2013-11-12 16:47:16)
 特別対談講演と併せて、体感展の一環として実施した競馬場内の馬車運行。かつては移動手段の主力だった馬車に実際に乗車して昔日の人々の生活を体感してもらおうというのが、同事業の趣旨でしたが、開門から競馬開催前の僅か1時間だけと制限された中での実施でしたが、競馬場に来場した人々から予想以上の好評を博し、乗客の乗降以外は、ほぼ無休で場内を運行。162名の観客の馬車を体感していただくことが出来ました。

s10.13馬車1.jpg


s10.13馬車2.jpg

s10.13馬車3.jpg
  • (2013-11-12 15:35:32)
 9月20日から10月末まで帯広競馬場内で開催された「馬文化体感展」の一環として、特別講演を実施いたしました。開拓時代から昭和40年代まで、生活のあらゆる場面で欠くことのできなかった馬。そんな馬と人の親密な生活を体感してもらうのが「体感展」の目的でしたが、この講演では「獣医師の目から見た昔日の人と馬の暮らし」と題して、獣医師の立場からモータリゼーション以前の馬たちの姿を語っていただきました。
 長年、臨床の場で活躍された北海道獣医師会名誉会員の橋本民雄獣医師と、同じく獣医師である三宅陽一当会理事長、そして、進行役を兼ねて当会専務理事の旋丸巴の三名での座談会形式とした同講演。帯広競馬場2階ファンルームの大型画面に働く馬たちの写真を映し出し、これらを見ながらの診療秘話や、乗馬体験、ばんえい種牡馬とサラブレッドの半血馬の競技会での活躍など多彩な話題に、参加者は興味津々、真剣にお話に聞き入っておられました。また、後段の質疑応答では参加者からも、昭和30年代の馬の活躍振りや血統の紹介、十勝の馬事情などについて、活発な発表や質問がなされ、活気あふれる講演となりました。
なお、この講演の一部は、馬文化新聞に掲載し、次回、会報と共に、会員の皆様にお届けする予定です。

s10.13対談講演.jpg

s10.13対談講演2.jpg
  • (2013-11-12 15:19:32)
 新生ばんえいとなって以来、毎年実施されているこのお祭りも、今年で7回。例年1万人以上を集客し、帯広競馬場最大のイベントに成長した同祭りですが、当会も実行委員会の一員として、今年も以下の3つの事業を担当しました。
 1.オリジナルばん馬キャンドルづくり
   木製マグネット、手ぬぐい、ネームプレートなど、毎年、ちびっこのみならず、おとなの方にも人気を博している「ばん馬グッズ制作ブース」ですが、今年は「キャンドル作り」を体験してもらいました。球状のキャンドルにパラフィン粘土を貼り付けて作る「ばん馬キャンドル」は、簡単だけど、意外に奥が深い! ということで、熱中する人が続出。途中、席が満杯となって、急遽、後の時間の予約を受け付ける事態も。予想以上の大人気に、スタッフ一同、嬉しい悲鳴をあげました。


sばん馬キャンドル1.jpg

sばん馬キャンドル2.jpg

sばん馬キャンドル3.jpg


2.日本の職人技「装蹄実演」
   第1回「ばん馬まつり」から、ずっと続けられている装蹄実演。そろそろお客様も飽きるのでは……という我々の心配をよそに、今年も大勢の観客に囲まれての実演となりました。帯広競馬場厩舎地区で開業する千葉装蹄所の皆さんが、ミルキーの装蹄を手際よく披露。蹄鉄を外し、削蹄し、新しい蹄鉄を合わせ、装着……という一連の作業のひとつひとつに感嘆の声があがる盛り上がり方。同装蹄所の千葉社長の解説にも、皆さん一様に、興味深そうに聞き入っていらっしゃいました。

s装蹄実演1.jpg

s装蹄実演2.jpg

 3.楽しい「ばん馬の馬体講座」
   こちらも第1回目から続く人気イベントですが、今年は、森田獣医師がご多忙ということで、当会の旋丸専務理事がピンチヒッターとして登板。馬の触り方から、写真や実際のハミを提示しながら馬体についての解説を行いました。

 その他、今年は、当会が毎年実施している「ばんえいリトル・ダービー」も、ばん馬まつりで実施する予定でしたが、厩舎内で馬の感染症が発生したため、防疫の観点から本年度のリトル・ダービーは中止することとなりました。
  • (2013-11-12 15:01:34)
 ばんえいグラスやマグネットなど、当会オリジナル商品を制作している帯広刑務所で、恒例の「帯広地区矯正展」を開催。当会の出店も今年で4回目となりました。これも毎年のことですが、この矯正展では、物品販売のみならず、抽選会への商品提供など、地域活性の一助となるよう微力ながら協力させていただきました。

5p-1s.jpg
  • (2013-11-06 15:54:38)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81