SEARCH
TAGS
支える会より (269) , 事業報告 (222) , イベント紹介 (164) , 馬の話 (132) , 競馬場より (101) , 事業予定 (60) , リッキーハウス (40) , ばんばショップ (23) , イベントサポート (18) , デザインコンクール (9) ,
ARCHIVES
LINK
最近のエントリー
ばんばショップ更新情報
ばんえい十勝トピックス
OTHERS
admin
 今年2回目の出前授業は帯広市立清川小学校で行いました。今回の授業対象は1.2.3年生19名。図工の時間にリッキーを写生したいとの申し入れを受けての実施でしたが、写生の前に、一時間、馬の授業も行いました。農村部の小さな学校だけに児童は馬についての知識も豊富。「馬は何を食べてるのかな?」という質問にも、「草! だから草食動物」と、低学年とは思えない的確な答えがポンポンと飛び出していました。
 次の時間は、いよいよ、写生の時間。既に校庭に到着していたリッキーを見ると、みんな歓声をあげながら、銘々のお気に入りの場所に陣取って、写生を開始しましたが、「前もって大きく描く練習をしました」という担任の先生の準備の成果もあって、どの子ものびのびとリッキーを楽しく描いていました。

好天に恵まれて児童たちも楽しくのびのびと写生していました
DSCF3218.JPG

リッキーと共に、ポニーの小梅も参加。写生の後は児童のアイドルとなっていました
DSCF3224.JPG
  • (2011-11-15 11:41:38)
7月の意見交換会で、会員の方からいただいた「馬に感謝する会を開いてはどうか」というご提案を検討。岩手県からチャグチャグ馬コ同好会のメンバーも来られる9月24日に「愛馬感謝の集い」と銘打ってこの新事業を実施いたしました。
会場は帯広競馬場内に設置されている馬頭観音堂としましたが、NPO法人である当会の性質上、あくまでも無宗教形式で実施。参加者、それぞれのスタイルで馬たちの安全や健康を祈願していただきましたが、ばんえい十勝馬主協会、調教師会、騎手会、チャグチャグ馬コ同好会の方々、そして、当会役員・会員など、総勢70名を超える人々が参加する盛大な集いとなりました。
今回の実施に際しては、ばんえい十勝調教師会の全面的協力を得、山田、西邑両調教師先生が中心となって会場設営など事業の大部分を取り仕切っていただきました。また馬主協会や当会会員各位からもお酒やお花など、多くのお供物をいただきました。
その他、帯広市ばんえい競馬振興室の皆さんからは私費で制作した「馬頭観音のぼり」が、この日に披露されるなど、ばんえい関係者が一体となり、馬たちへの愛情溢れる事業となったことは、事務局としては得難い僥倖でした。

「チャグチャグ馬コ in 帯広」に参加するため岩手県から来道したチャグチャグ馬コ同好会の皆さんも参加。馬たちへの感謝とイベントの安全祈願をされました。
DSCF3121.JPG

集いには当会関係者のみならず、調教師、騎手、馬主、その家族など、ぱんえい競馬に関わる多くの人が参加してくださいました。
DSCF3122.JPG

参加者には、馬主の大口氏が提供してくださったお菓子などが配られました。
DSCF3129.JPG
  • (2011-11-15 11:16:57)
 一昨年から岩手県滝沢村との交流イベントとして実施している「チャグチャグ馬コ in 帯広」を今秋も実施。今年は、更に多くの人に「チャグチャグ馬コ」と「ばん馬」に親しんでもらおうと、十勝地区最大級のお祭り「大正メークイン祭り」にも参加しました。
 まず、当イベント1日目の9月23日は、帯広市の農村部「大正地区」で行われた大正メークイン祭りに、リッキー号が登場。チャグチャグ馬コの豪華な馬装束に身を包み、滝沢村から駆け付けたチャグチャグ馬コ同好会有志の皆さん10名と、来場した1万人の観客をお出迎え。多くの市民や観光客が、写真を撮ったり、リッキーにまたがって、東北伝統の馬文化と、ばん馬の力強さを体感していました。
 また、会場中央のステージでは、滝沢村の斎藤喜夫さんが「馬方節」を披露。朗々と歌い上げる斎藤さんのつややかな声に観衆は、うっとりと聞き入ってました。
 
 2日目は、帯広競馬場に帰って、毎年と同様のスケジュールで進行。リッキーに加えて、現役競走馬リユタカラも登場。馬装束の装着実演から始まり、入場門での観客出迎え、写真撮影会をこなし、最後の〆は競馬場内パレード。リッキー、リユタカラの後ろにはポニーの「チャグ」も参加。チャグは、今春、チャグチャグ馬コ同好会の方々が帯広競馬場に来た際に、競馬場内ふれあい動物園で誕生した馬。その縁で「チャグ」と命名されたことから、このパレードに参加し、イベントを盛り上げてくれました。 

大正メークイン祭りでチャグチャグの装束を身にまとい、お客様を出迎えたリッキー。
米沢寿則・帯広市長もリッキーにまたがってご満悦。
DSCF3085.JPG

リッキーの横では、ミニチュアホースの小梅号も観客を歓待。大きなリッキーと小さな小梅が、お祭りを盛り上げました。
DSCF3083.JPG


今年で3年目となった「チャグチャグ馬コ in 帯広」
DSCF3156.JPG

今年は斎藤良夫さんが見事な歌声で「馬方節」を披露
DSCF3162.JPG

スタンド入口横ではチャグチャグ馬コのミニ写真展も開催
DSCF3146.JPG
  • (2011-11-11 11:42:45)
 4年に1度、北海道全域から選りすぐられた家畜が集う「北海道総合畜産共進会」。当会では、生産者支援と、ばんえいPRを目的に、優良馬への賞品提供と、PRブースの開設を実施いたしました。
 馬の部門に出品されたのは、農用馬の他、北海道和種馬、ポニーを合わせて総勢40頭。いずれも各地区を勝ち抜いた駿馬ばかりでしたが、中でも、体型、管理に優れた農用馬のタワノアスカ号は素晴らしく、最高位の栄冠を勝ち取りました。当会からはこのタワノアスカ号の栄誉を称え、ばんえいグッズ詰め合わせセットを贈呈しました。
 これら優秀馬たちの晴れ舞台の横に開設したPRブースでは、全道から集まった関係者が訪れ、予想以上の賑わい。農用馬のみならず、北海道和種馬の関係者などとの交流もあり、馬文化サロンとしての機能を果たせたのは、予想外の喜びでした。

ばんえい競馬PRブース
DSCF3006.jpg


最高位を獲得したタワノアスカ号
タワノアスカ.jpg

最高位馬には、当会から副賞を提供しました
DSCF3029.jpg
  • (2011-11-11 11:07:53)
北海道にお住まいの方は既にご存知かと思いますが、現在、NHK北海道では、ばんえい競馬を舞台としたドラマ「大地のファンファーレ」を制作中です。
 主演は、朝の連続テレビ小説「おひさま」やユニクロのCMでお馴染みの高良健吾。相手役に蓮佛美紗子。その他の出演者に寺脇康文、杉本哲太と豪華な顔ぶれ。また、脚本も、これまた人気朝ドラ『ゲゲゲの女房』を手がけたの山本むつみ……と、話題性抜群のドラマですが、先月末からは、いよいよ帯広競馬場でのロケも開始されています。
 10月28日にはロケの様子が報道陣に公開され、本コースを使ったレースシーンの撮影では、現役ばんえい騎手に混じって、高良健吾がなかなかの手綱さばきを見せていました。

DSC_0387.JPG

その後の出演者4名のインタビューも行なわれましたが、ベテラン騎手役・寺脇康文が「教えることは何もない」とジョークを交えて、高良健吾の運動神経の良さを絶賛。他の出演者からも、楽しくロケが進められているので期待して欲しい、とのコメントがありました。
 1月に再度、競馬場ロケを行った後、北海道地区では2月17日・24日に放映。3月には全国での放映が予定されているそうですので、皆さん、ご期待下さい。

DSC_0441.JPG
  • (2011-11-05 17:02:56)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81