SEARCH
TAGS
支える会より (269) , 事業報告 (222) , イベント紹介 (164) , 馬の話 (132) , 競馬場より (101) , 事業予定 (60) , リッキーハウス (40) , ばんばショップ (23) , イベントサポート (18) , デザインコンクール (9) ,
ARCHIVES
LINK
最近のエントリー
ばんばショップ更新情報
ばんえい十勝トピックス
OTHERS
admin
東北大震災で被災された方に配慮し、今年度ばんえい競馬は恒例の開幕パレードを自粛。当会も昨年行った「チャグチャグ馬コ・パレード」を取り止めましたが、本年度初開催となった4月16日、17日、岩手県滝沢村のチャグチャグ馬コ同好会の有志が、ボランティアで開幕に駆け付けてくださいました。
今回、来帯された4名の保存会メンバーは、自前のワゴン車に馬用衣装(馬装束)2頭分と、人間用衣装10名分を載せて岩手県を出発。給油制限が続く中、途中、ガソリンを補充しながら、当日朝到着。そのまま衣装を調え、リッキー、ミルキーにもあでやかな馬装束を付けて、競馬場開門と同時に観客を出迎えました。
一昨年、昨年と当会が主催した「チャグチャグ馬コ in 帯広」て、すっかり十勝の人々にもお馴染みとなった、絢爛豪華なチャグチャグの装束に、観客も皆さん、足を止め、写真を撮ったり、同好会の人たちから由来を尋ねたり、と、この貴重な伝統馬文化を堪能されていました。
また、16、17日共に、午後には、競馬場内でミニ・パレードを実施。きらびやかな馬装束に身を固めた馬に可愛い女の子がまたがる姿に、観客は笑顔で見入っていました。
「今回の震災では、帯広競馬場から200万円近い義援金を東北に送っていただき、そのお礼に来ました。まだまだ岩手県は死者より多い行方不明者がいる状況ですので、引き続き、支援のほど、宜しくお願いいたします」と話して下さったのは、同好会の斎藤喜次さん。
馬が繋いでくれた東北との絆を大切にして行きたいと、改めて痛感させられた2日間でした。
なお、本年度も当会では「チャグチャグ馬コ in 帯広」を実施する予定です。実施日など決まり次第、当ブログなどでお知らせいたしますので、是非、帯広競馬場で、ばんえい競馬と併せて、この東北の馬文化をお楽しみください。

4月16日、騎手、調教師と共に、観客を出迎えたチャグチャグ馬コ
1104150014.JPG


場内パレードでは被災地出身の安部憲二騎手と阿部武臣騎手、村上章騎手が馬達の手綱を握った。

1104150098.JPG

1104160077.JPG



チャグチャグ馬コの豪華な馬装束を身につけたミルキー

1104160002.JPG

  • (2011-05-02 10:23:27)
震災の影響で何かと慌しい年度末、年度始めとなりましたが、そんな中でも、北の大地にも春らしさが兆してまいりました。

既に書面でもお願いいたしましたが、本年度も皆々様に会員登録の更新をお願い申し上げます。
書状には具体的な手続き方法、年会費の額などを記さず、大変、ご迷惑をおかけいたしましたが、

1.年会費の納入以外の手続きはなし
2.年会費は1口1000円・3口以上

ということですので、お手数ではございますが、会費の振込をお願い申し上げます。
振込を確認し次第、新年度会員証をご送付いたします(郵便振込の場合、確認までに1週間程度かかる場合があります)。

なお、更新は、当会のネットショップ「ばんばショップ」からも簡単に行なえますので、こちらもご利用ください。

当会は、会員の皆様のご厚意によって活動している会です。是非、馬文化や、人間のために頑張ってくれている馬達のために、今年度もご支援の程、お願い申し上げます。
  • (2011-04-28 10:14:44)
馬学セミナー開催
東日本大震災の影響で、3月12日の開催が延期になっていた「馬学セミナー」を、4月23日(土)に開催します。

参加費無料ですので、皆様ぜひお越し下さい。

日時 2011年4月23日(土)13時30分~15時30分
場所 とかちプラザ 視聴覚室(帯広市西4南13 0155-22-7890)帯広駅のすぐ南側です

1.写真が語る十勝の馬文化(作家・旋丸巴)
2.馬匹改良30ヶ年計画と北海道馬産(北海道産業史研究家・寺島敏治)

チラシ.jpg
  • (2011-04-13 12:55:20)
当会も参加しているばんえい競馬振興連絡協議会(会長:川田章博)は、平成23年4月17日に告示される帯広市議会議員選挙の立候補予定者に対し、「ばんえい競馬」についてのアンケート調査を実施しました。

集計結果については帯広商工会議所のサイトをご覧下さい。掲載は24日までです。

「ばんえい競馬」についてのアンケート調査バナー
  • (2011-04-11 21:42:53)
遅れ馳せながら、ご報告です。
 3月26日(土)、最終レース終了後に「ばんえい記念前夜の集い」を開催いたしました。
 今年は、東北関東大震災の影響を鑑みて、チャリティー・イベントとして実施。毎年の「お楽しみ抽選会」に代えて、チャリティー・オークションを行い、収益金の全額を被災地への支援金に宛てました。
 さて、そんな訳で、例年より、ちょっと堅めの「前夜の集い」となりましたが……。

 いえいえ、しかし、ばんえい競馬にとっては、年に一度の最強馬決定戦。被災地の皆様へは充分に配慮しつつも、例年にも増して活気に溢れた集いとなりました。

 イベントの内容は以下の通り。
① 出走騎手コメントVTR上映(OPBM制作VTR)
② 鈴木勝堤・元騎手による「ばんえい記念」解説
③ 予想会
   出演  浅野靖典(あさの・やすのり)競馬アナウンサー
       佐々木啓文(ささき・ひろふみ)
とかち馬文化を支える会理事、オイドンなど活躍馬を生産
       鈴木勝堤(すずき・しょうてい)元騎手
④東北関東大震災チャリティー・オークンション

毎年、金山調教師や西弘美調教師など豪華なゲストを迎えての当イベントですが、今年は引退間もない鈴木勝堤元騎手がスペシャルゲストとして登場。その歯に衣着せぬ本音トークを炸裂。
また、当会理事であり、オイドンなど多くの名馬を輩出する生産者でもある佐々木啓文氏が生産者ならではの予想を公開。
プロアナウンサーの浅野靖典さんの巧みな話術とあいまって、観客も大満足の予想会となりました。

そんな楽しい予想会の後に行なわれたチャリティー・オークションですが、実は、今回、司会進行を行なってくださった浅野氏は、競走馬のオークションを仕切る鑑定人。つまりは、本物のセリを実感できる本格的オークションとなって、これまたファンにとっては楽しいイベントとなりました。
用意された品物は、最強3歳馬テンマデトドケの桐箱入り蹄鉄や、ホッカイドウ競馬の雄コスモバルクのネームが入った非売品タオルなど、ファン垂涎のグッズが30点以上。
浅野氏の軽快な司会で、活発なセリが行なわれましたが、しかし、そこは、あくまでもファンサービスの当イベント。前以て設定した上限価格を超えたものについてはジャンケンで最終落札者を決めていただくなど配慮。

最後まで笑いの絶えない和やかなムードの中、無事、前夜の集いは終了いたしました。

前夜の集い.JPG
  • (2011-04-07 21:21:42)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81