SEARCH
TAGS
支える会より (267) , 事業報告 (220) , イベント紹介 (163) , 馬の話 (131) , 競馬場より (100) , 事業予定 (60) , リッキーハウス (40) , ばんばショップ (23) , イベントサポート (18) , デザインコンクール (9) ,
ARCHIVES
LINK
最近のエントリー
ばんばショップ更新情報
ばんえい十勝トピックス
OTHERS
admin
当会会員の上林喜美子さんによる、ばん馬絵画展のお知らせです。
上林さんのポストカードと絵(コピー)は、リッキーハウス、ばんばショップでも購入することができます。

現在、札幌市の北都館で開催中です。
 9月6日(月)~9月12日(日) 10時~22時(日曜午後8時まで)
 北都館(北海道札幌市西区琴似一条3-1-14 第一病院向かい)

また、上林さんは初めて出展した道美展で、ミサイルテンリュウを描いた「闘将」が、北海道知事賞を受賞しました。計3点の馬の絵は、以下でご覧いただけます。
 第43回道美展 9月7日~12日、札幌市民ギャラリー(札幌市中央区南2条東6丁目)

27日からは、はじめて帯広で開催されます。

ばんえい十勝応援!上林喜美子絵画展
 9月27日~10月2日 10時~16時(最終日14時まで)
 帯広市西3南14-1-1 帯広信用金庫中央支店内 ふれあいギャラリー
1541995740_174.jpg

上林さんの描く、迫力のあるばん馬たちに会いにきてください。

                                    (斎藤)
  • (2010-09-09 21:45:39)
今週末11日の土曜日はリッキー号が大活躍の一日。
 まず10時半からは、帯広の老舗ますやパンの郊外店舗「麦音」(北海道帯広市稲田町南8線西16-43 ビート資料館西隣)で、馬耕実演が行われます。夏に収穫が終わった麦畑をプラウでおこすのですが、勿論、プラウをひくのは我らがリッキー号。
 本日(8日)、現場で予行演習が行われましたが、プラウを楽々とひくリッキーに、居合わせた人たちもビックリ。11日の本番では、さらに多くの人たちを驚かせてくれることでしょう。

DSC_0010.JPG

DSC_0016.JPG


 さてさて、11日、このイベントが終わったら、13時からは、リッキー号、帯広刑務所に移動して、馬車をひきます。
 毎年、帯広刑務所で行われている「矯正展」にリッキーも友情出演。会場と駐車場の間を往復します。
 因みに、この矯正展は10時から行われますが、スケート選手の高木みほちゃんもやって来るとのこと。ただし、高木選手は午前中の出演ということで、リッキー馬車に乗ってもらえるかどうかは微妙ですが。
 矯正展には、オッズパークばんえいマネジメントと共に、当会も「ばんえいPRブース」を開設いたします。新発売の、ばんえいキーホルダーもデビューいたしますので、是非、刑務所に遊びにいらしてください。

9月11日(土)
10:00~ 帯広刑務所矯正展でばんえいPRブース、リッキーハウス出張
10:30~ 麦音 リッキーの馬耕実演
13:00~ 帯広刑務所矯正展でリッキー馬車
  • (2010-09-08 16:45:28)
8月21日、帯広競馬場で、本別駒踊り保存会による「本別駒踊り」が披露されました。
このイベントは、本別町にご自宅のある西邑調教師の発案。
本別馬事振興会と当会の共催で開催されました。

中高生が馬の張子を付ける装束は可愛く、しかし、一旦、踊り始めれば勇壮。
太鼓と笛による生演奏も迫力満点で、会場からは、やんやの喝采が。

酷暑の一日でしたが、汗だくで熱演する子供たちに、観客は、しばし暑さを忘れて見入っていました。
s-DSC_0045.jpg
s-DSC_0057.jpg
s-DSC_0060.jpg
  • (2010-09-07 16:03:39)
9月上旬に、とかち馬文化を支える会の会報を会員の皆様にお送りいたしました。
より迅速に、当会の事業やばんえい、馬文化の催しをお伝えするために、今後は年6回、スリム化してお送りしています。従来より少し小さな封筒で、郵送にて送っていますので、もし、届いていない会員の方がいらっしゃいましたら事務局までご連絡下さい。
馬文化新聞9号も同封しております。帯広市郊外で馬と歩んだ人生について末下明光さんにお話を伺い、早川義英さんには「十勝の馬文化について」寄稿をいただいております。

とかち馬文化を支える会の会員は随時募集しております。
登録はインターネットでも可能です。以下のページをご覧下さい。
会員登録について
  • (2010-09-05 18:57:14)
東京支部のKYOKOです。
8月15日(日)、大井競馬場(TCK)で「ばんえい十勝 in TCK」というイベントが行われました。そのイベント終了後に東京支部の交流会を実施しましたので、かいつまんでご報告します。

まずは、当会の事業ではありませんが、イベントの模様をご報告しますね。
15時ごろ、ミルキーと子どもたちの綱引きイベント。綱引きは3戦で、ミルキーの1勝2敗でした。その後しばらくして、船山騎手と林騎手が走路でデモ走行をやったはずなんですが、ギリギリ見逃し、見えたのは後ろ姿のみ…。
20100815TCK_1.jpg

しかたないので、ふれあいイベントをやると思われる内馬場へ直行しました。
少し待っていたら、ミルキーにまたがった鈴木邦哉調教師と、ガッツくんにまたがった船山騎手、サンダーアレックスにまたがった林騎手、徒歩(!)の小林長吉調教師が登場。
20100815TCK_2.jpg>

そのままふれあいイベントが始まったので、列に並んでガッツくんにまたがらせてもらいました。長蛇の列で、大盛況だったのですが、やっぱりガッツくんよりミルキーのほうが人気だったかな? でも鈴木調教師によると、「現役馬の背中はやわらかくていいぞ~」とのこと。みなさんも機会がありましたら、ぜひ。

それから、当会理事の矢野吉彦さんと、競馬キャスターの目黒貴子さん、小島友実さんがばんえい競馬についてのトークショーを実施。そしてお3方は「ふるさとコーナー」(他場発売所)に移動して場立ち予想イベントを行いました。そこに当会顧問の斉藤修さんも加わり、ふるさとコーナーに集まった人々は熱心に予想に耳を傾けていました。

この日の9Rはスピードスター賞。今までにないスピードレースで、ふるさとコーナーは一気にヒートアップ! その熱気のまま、ばんえいグランプリの出走時間となりました。
ふるさとコーナーにぎっしりと人が集まり、モニターに向かってばんえい記念さながらの大声援。実際に気温も高かったのですが(笑)、とてもとても熱い時間となりました。
関東にもこんなにばんえいファンがいるんだよ! って、本場の人たちに見せてあげたかったなあ。

終了後、とかち馬文化を支える会の東京支部+αの14人くらいで大井競馬場から品川に移動し、交流会。と言っても、ただの飲み会なんですけどね。
ふるさとコーナーの熱気をそのまま持ち込んだ飲み会となり、初対面の方同士もばんえいの話題で盛り上がったようです。なかには、ばんえい自体今日初めて見た! とおっしゃる方もいらっしゃったのですが、すっかりばんえいのファンになってくださったようです。
ふるさとコーナーでの観戦会も、この交流会も、「集まること」が応援し続けるパワーになるんじゃないかな、という可能性を感じた1日でした。

なお、東京支部の交流会は非会員も参加OKとしています(飲み代の負担はみな同じですよ~)。会員でないお友達を誘って参加しても大丈夫ですので、お近くの方はぜひご参加ください。
交流会の実施予定は、このブログか東京支部のページでお知らせいたします。
(KYOKO)
  • (2010-09-01 00:22:44)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81