SEARCH
TAGS
支える会より (269) , 事業報告 (222) , イベント紹介 (164) , 馬の話 (132) , 競馬場より (101) , 事業予定 (60) , リッキーハウス (40) , ばんばショップ (23) , イベントサポート (18) , デザインコンクール (9) ,
ARCHIVES
LINK
最近のエントリー
ばんばショップ更新情報
ばんえい十勝トピックス
OTHERS
admin
北海道新聞ぶんぶんクラブと共同で開催した「ぶんぶんクラブ ワクワクばんえい競馬教室」が6月26日、札幌の北海道新聞本社で開催されました。
当日は、30度を越す蒸し暑い日でしたが、ばんえい競馬のヘビーなファンから、ばんえい競馬は未経験という人まで合わせて80名が駆けつけてくれました。

今回の教室は、3部構成でしたが、まず、第1部では、北海学園大学教授で当会の理事でもある古林先生が、ばんえい競馬についてのお話を。経済学者である古林先生だけに、ばんえい競馬の歴史や施行形態について詳しく解説され……とは言いながらも、学生時代は落語研究会でならした古林先生、随所に楽しいお話や笑いを盛り込んで、会場はしばしば笑いの渦に巻き込まれていました。
20100626-1.jpg

楽しくて、ためになる古林先生のお話の後は、これまた、受講生待望のミスターばんえい金山明彦調教師が登場。古林先生との対談形式で、VTRを見ながらレースでの騎手さんの心理や馬の性格、レースでの駆け引きなど、様々なお話を披露して下さいましたが、前人未到の3299勝をあげた名手の言葉に、受講生の皆さんも興味津々。熱心に聞き入っておられました。
20100626-4.jpg

そして、最後は、「お楽しみクイズ大会」。
レースVTRを途中まで流して、優勝馬を当てる「勝ち馬当てクイズ」を実施。
正解者には当会オリジナルのSTOP&GO帽子や、ばんえい十勝ロゴ入りミニタオルがプレゼントされました。

こうして盛会の内に終了した「ばんえい競馬教室」。
でも、お楽しみは、まだまだ続き……。

会場となった北海道新聞本社の向かい側、札幌時計台前には、札幌名物の馬車の停留所があるため、教室終了後、受講生の皆さんは時計台に移動して、馬車をひく大型馬「銀太君」とご対面。大きな芦毛の馬体に歓声をあげ、都会を堂々と闊歩するその勇姿にエールを送りました。
20100626-3.jpg

その後は、受講生の中の希望者と共に、場外馬券発売所Aiba札幌駅前に移動。
受講生のために用意された特別観覧席で、ばんえい競馬を楽しんでいただきました。
20100626-2.jpg

と、盛りだくさんの「ぶんぶんクラブ ワクワクばんえい教室」も無事終了。
北海道新聞社の尽力や、札幌のメンバーの多大な強力のお陰で、楽しく有意義な教室が開催できました。

こんな楽しいイベントを他地域でも開催できれば、と考えておりますので、会員の皆様から様々な企画、ご提案などいただければ幸いです。

※札幌支部のページにも、お手伝いいただいた会員のゆんゆんさんからの報告がありますのでご覧下さい。
http://umabunka.com/sapporo/
  • (2010-07-11 08:38:14)
6月21日、本年度最初となる馬の出前授業を帯広市立啓西小学校で実施いたしました。
啓西小学校は、昨年に続いて本年度も総合学習の一環として「馬の学習」に取り組んでいますが、今年は3年生84名が対象。
 まずは、いつものように教室で馬についての学習。他の動物と「歯の形態」を比較し、草食動物と肉食動物の性質の違いなどを考えました。……というと、難しそうですが、写真を見ながら、「これは、どんな動物の歯?」といったクイズを出しながらの授業。なので、子ども達も、悩みながらも大喜びで馬について学んでくれました。
 さて、そうして教室で学習した後は、お待ちねの「馬とのふれあい授業」。今回は、調教の達人=持田裕之さんとポニーのミニーちゃんが来校。

2010_012510年06月21日0094.JPG

持田さんが馬の体の仕組みなどを説明してくれましたが、時には、実際にミニーちゃんに触ったり、また、ミニーちゃんの走り方を見たりして、この時間も、また、子供たちは楽しみながら、様々な知識を吸収してくれました。


2010_012510年06月21日0098.JPG



 2時間の授業が終わった後には、「また、馬に触りたい」「馬の勉強をしたい」との声が。そんな子供たちと、「また第二回目の授業に来るからね」と約束して、今年度第1回の馬の出前授業も無事、終了いたしました。(旋丸)
2010_012510年06月21日0115.JPG
  • (2010-07-06 16:27:13)
 当会では、6月26日14時から札幌の北海道新聞本社・2階会議室にて「道新ぶんぶんクラブ」との共催「ワクワクばんえい競馬教室」を開催いたします。
 「ミスターばんえい」金山明彦調教師がレースの魅力を語り、当会理事の古林英一・北海学園大教授がばんえいの歴史や仕組みについて解説します。レース映像を見ながら優勝馬を当てる懸賞クイズも行います。ぜひお越し下さい。
 入場は無料で、定員150人。
 申し込み方法は、はがきかWebで。ぶんぶんクラブの会員ではない方は、当日入会も可能ですので(年会費無料でさまざまな特典があります)ぜひご検討ください。
道新ぶんぶんクラブのサイト

☆ハガキでの申し込み方法
《1》「ばんえい競馬教室係」、《2》郵便番号と住所、《3》氏名、《4》電話番号、《5》会員番号を書いて応募してください。6月9日(水)消印有効です。抽選の上、当選者のみ参加券を送ります。
送り先→ 〒060-8771 道新ぶんぶんクラブ「ばんえい競馬教室係」

☆Webでの申し込み方法
ぶんぶんクラブサイト内の「プレゼント・イベント参加応募フォーム」に必要事項を記入し送信してください。締切は6月9日(水)です。
⇒応募はこちらから

道新ぶんぶんクラブの紹介ページ
問い合わせ:道新ぶんぶんクラブ事務局 電話011-210-5261(平日9:30~17:30)
  • (2010-06-04 23:03:21)
NPOとかち馬文化を支える会の平成20年度総会が、5月23日15:30より、とかちプラザ402号室において開催されました。

開会の辞を述べたあと、総会成立要件の確認を致しました。
正会員数293名中、出席者数18名、委任状139名をもって、総会の成立が確認されました。
それから、柏村理事長が挨拶。ばんえい競馬の存続はもちろん、周りに育ててもらえる環境をつくりたい。ばんえい競馬と市民との結びつきを今後も深めていきたい、とのお話をいただきました。

議長には古林理事が選出され、議事録署名人として柏村理事長、、斎藤修氏が選ばれました。

その後、議事の説明に入りました。旋丸専務理事より平成21年度の事業、決算報告が、監査の高野氏より監査報告。それから再度旋丸氏より、平成22年度の事業計画、予算案の説明がありました。
すべての議事につきまして、満場一致で承認されました。

また、半年会員、学生会員の新設について確認をいたしました。
会員の方からは、写真コンテストの開催や、会報などにおける会員への郵送料の軽減について、提案がありました。

お忙しいところ、出席していただいた方、委任状を送っていただいた方、ありがとうございました。
(斎藤)
20100523-1538-02.jpg
  • (2010-06-04 22:47:34)
口蹄疫についての救済募金が帯広競馬場でも開始されました。
この募金活動は、帯広市、OPBM、調教師会、騎手会、馬主会、そして、当会が協力して行なうものです。
募金活動は、毎回開催日の開門と同時に、入場門で行なわれますが、リッキーハウスには常時、募金箱を設置しておりますので、ご利用下さい。
期間は5月29日から6月28までの1ヶ月間を予定しています。

口蹄疫による被害に苦しむ宮崎県の人々を救済するために、是非、ご協力のほどをお願い申し上げます。

【ブログ担当者のつぶやき】
 募金期間中は、上記のように入場門には騎手さんも立っているので、日頃、なかなか間近で見られない騎手さんの素顔が見られるのも楽しみのひとつ、かと。良い事をして、なおかつ、楽しめる。一粒で二度美味しい競馬場募金です。


  • (2010-05-31 09:42:50)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81