SEARCH
TAGS
支える会より (267) , 事業報告 (220) , イベント紹介 (163) , 馬の話 (131) , 競馬場より (100) , 事業予定 (60) , リッキーハウス (40) , ばんばショップ (23) , イベントサポート (18) , デザインコンクール (9) ,
ARCHIVES
LINK
最近のエントリー
ばんばショップ更新情報
ばんえい十勝トピックス
OTHERS
admin
お待たせしました! 本年も、ばんえい記念前夜祭、実施いたします。
しかも、今年のゲストは西弘美調教師!
昨年、一昨年、ばんえい記念を連覇したマダムキラー西さんが来て、お話して下さるんですよ~。

とってもシャイな西さん、最初は出演を嫌がられていたんですけど
「ファンの方が楽しみにしておられるので……」と、
口説き落として出演してもらうことになりました。
でも、来春からは調教師として本格的に指導する方ですから、今回が最初で最後の出演になるかも……

騎手サイン入り「ばんばグッズ」などが当たるお楽しみ抽選会もあり!

という訳で、今年もファン必見の前夜祭。当日、競馬場に来られる方は、いや、競馬場2来られる予定がなかった方も、無理矢理、都合を合わせて、おいで下さいませ。

27日(土)最終レース後、2階ファンルームでお待ちしています!
1441229154_138.jpg

平成22年3月27日(土) 17:45(最終レース後)~19:00
帯広競馬場 2階ファンルーム 参加無料

1.ばんえい記念出走騎手コメントVTR上映
2.西弘美調教師が語る「ばんえい記念」
3.ばんえい記念予想会
4.お楽しみ抽選会
  • (2010-03-20 07:56:27)
とかち馬文化を支える会・専務理事の旋丸です。

帯広では、ごく少数ながら「ばんえい競馬なんか廃止してしまえ」という人がいます。圧倒的多数は「ばんえい、あった方がいいんじゃない」という人たちだと私は認識していますが、廃止論者が大声で叫び、それをマスコミが取上げると、あたかも「ばんえい廃止の声が高まっている」ように見えてしまいます。

という訳で、NPOとかち馬文化を支える会では、本当の市民の声を聞くために、「ばんえい競馬は本当に必要か」と題してフォーラムを実施いたします。
貴重な馬文化であり、とかち馬文化を支える会の大きな産業であり、また、素晴しい観光資源である「ばんえい競馬」を、更に発展させ、地域に活用するために、皆さん、是非、会場にいらして、ばんえい存続の意志表明をして下さい。会場で拍手するだけでも、存続への大きな力になります。
お友達など、お誘い併せの上、22日、競馬場の帰りに、是非!!
forum.jpg

講演
(1)ばんえい競馬開催による十勝経済への波及効果(地域経済への効果)
耕野拓一(帯広畜産大学准教授)
(2)ばんえい十勝の可能性について
須田鷹雄(競馬評論家)

-休憩15分-

パネルディスカッション・フリートーク
高橋正夫(十勝町村会会長・本別町長)
秋元和夫(帯広信用金庫 地域経済振興部 執行役員部長)
大江史晃(未来の帯広競馬場デザインコンクール大賞受賞者)
古林英一(北海学園大学教授)
観光関係者 市民オンブズマンの会 ほか

2010年3月22日(月)18時30分~21時
とかちプラザ レインボーホール
(帯広市西4条南13丁目1番地 電話(代)0155-22-7890)
  • (2010-03-12 19:38:30)
写真家の太田宏昭さんのばんえい十勝写真展が、いよいよ11日から東京・銀座で開催されます。
今後、梅田、札幌、帯広で開催予定です。

太田宏昭写真展 『ばんえい競馬 光と砂』
期間:2010年3月11日(木)~3月17日(水)
時間:10:00~19:00(最終日は15:00まで)
休館:日曜祝日
会場:キヤノンギャラリー銀座
(東京都中央区銀座3-9-7 トレランス銀座ビルディング1F
TEL:03-3542-1860)
ohtahiroakigallery2010.jpg

太田さんは、できる限り会場にいるそうです。
馬文化を支える会会員の方は、ぜひ声をかけてくださいね!とおっしゃられていました。

また、11日19時以降は関係者を中心としたオープニングセレモニーが開催されます。
馬文化を支える会の会員の方で、参加したい方はいらしてくださいね、とのことでした。
(斎藤)
  • (2010-03-09 22:45:56)
当会では3月22日(祝日)に、「2010ばんえいフォーラム」~ばんえい競馬は本当に必要か~ を開催します。

売り上げ不振ばかりが取り沙汰される「ばんえい競馬」。
「経済波及効果65億円」「世界唯一の馬文化財」「十勝の貴重な観光資源」と言われながら公的資金の投入を巡って迷走するこの時期に、賛否両論者を招いて「ばんえい競馬がいかにあるべきか」を検証します。

ばんえい競馬の経済波及効果について帯広畜産大学の耕野拓一准教授に、ばんえい十勝の可能性について競馬評論家の須田鷹雄氏に講演をお願いします。
また、パネルディスカッションと参加者とのディスカッションも行います。
詳細が決まり次第、ブログにてご案内いたします。ご参加をお待ちしております。

2010年3月22日(月)18時30分~21時
とかちプラザ レインボーホール
(帯広市西4条南13丁目1番地 電話(代)0155-22-7890)
講演
(1)ばんえい競馬開催による十勝経済への波及効果(地域経済への効果)
耕野拓一(帯広畜産大学准教授)
(2)ばんえい十勝の可能性について
須田鷹雄(競馬評論家)

-休憩15分-

パネルディスカッション・フリートーク
高橋正夫(十勝町村会会長・本別町長)
秋元和夫(帯広信用金庫 地域経済振興部 執行役員部長)
大江史晃(未来の帯広競馬場デザインコンクール大賞受賞者)
古林英一(北海学園大学教授)
観光関係者 市民オンブズマンの会 ほか
  • (2010-03-06 12:25:31)
2月26日、とかちプラザにて第3回馬事知識普及公開セミナーが行われました。約40名の方にご来場いただきました。
3名の講師の方に、馬についての有意義なお話をいただきました。
旋丸巴専務理事は「北海道の馬文化」。働く馬や祭り、イベントの中での馬、信仰の馬など、人の生活にこれだけ馬が関わっているということをわかりやすく教えていただきました。
古林英一理事は「北海道の馬と競馬の歴史」。ばんえいの歴史について講演していただきました。「3競オート」と呼ばれる公営競技の中で、競馬法だけが法律の目的を示しておらず「自治体の財政のために競馬を行うとは書かれていない」ことに言及。売上が赤字でも、経済的効果がそれを上回れば存在の意義があるのではないか、経済の活性化の道具としてどのように活かすかを考えるべき、との話に参加者の方々が聞きいっていました。
河合正人帯畜大准教授は「道産馬(どさんこ)の世界」。北海道和種馬の現状や歴史、飼料の話を写真を交えてお話いただきました。
20100226.jpg

馬に対する新たな発見ばかりでした。来年度も全道で馬学セミナーを開催する予定ですので、ぜひお越しください。日程はブログにてご案内いたします。
(斎藤)
  • (2010-03-05 21:40:31)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81