SEARCH
TAGS
支える会より (269) , 事業報告 (222) , イベント紹介 (164) , 馬の話 (132) , 競馬場より (101) , 事業予定 (60) , リッキーハウス (40) , ばんばショップ (23) , イベントサポート (18) , デザインコンクール (9) ,
ARCHIVES
LINK
最近のエントリー
ばんばショップ更新情報
ばんえい十勝トピックス
OTHERS
admin
 帯広競馬場内で農園活動に取り組んだ啓西小学校3年生主催の「ばんえい農園感謝の集い」に、畑整備をしてくたさった坂本調教師と共に行ってきました。
 拍手で迎えられた会場では、絵日記、作文、自主制作ビデオと、農園での活動を色々な形での報告され、その後も、感謝状をもらったり、感謝の唄を披露してもらったり。坂本調教師ともども、感動のために危うく落涙しそうになりました。
 感謝の集いはこれで終了……でしたが、別教室に移って、今度は「交流給食」。お皿の真ん中に、ばんえい農場で収穫した大きなジャガイモが鎮座した給食を、3年生と一緒に楽しくいただきました。
 感謝の気持ちをたくさんたくさんくれた啓西小学校の皆さん、ごちそうさま、そして、本当に本当にありがとう!!

正面のホワイトボードには、手書きの横断幕が
DSCF3528s.jpg

スクリーンに映し出した絵日記を使いながら、ばんえい農場の様子を話してくれる3年生
DSCF3536s.jpg

児童たちと交流給食を楽しむ坂本調教師
DSCF3553s.jpg

真ん中に鎮座するのは農園で収穫したジャガイモ。じゃがバターで美味しくいただきました
DSCF3554s.jpg

会場のボードには、キングと桃姫の絵や写真が飾られていました。
DSCF3555s.jpg

DSCF3556s.jpg
  • (2015-12-18 12:53:50)
 本年度第2回目となる当会馬学セミナーを、12月6日(日)、帯広畜産大学かしわプラザで開催いたしました。
 今回は、講師に全国乗馬倶楽部振興協会乗馬普及部長である藤田知己氏を講師にお迎えし、「乗馬の安全指導について」と題してご講演をいただきました。
 訴訟に至る重大事故が頻発している近年、乗馬愛好家に安心して乗馬を楽しんでもらうためには、どんな対策が必要なのか、ということをテーマに、実例を掲げながらわかりやすくお話しいただきましたが、乗馬関係者には興味深いテーマであったこともあり、会場は超満員。定員50名を大幅に上回る大盛会となりました。

多くの画像と実例をもとに講演される藤田部長
DSCF3487s.jpg

定員を大幅に上回る参加者で会場は超満員でした
DSCF3482s.jpg
  • (2015-12-13 11:01:40)
 当会「馬の出前授業」を最初に行った上美生小学校。当会との交流も深く、今年も児童44人を含め、全校を挙げて歓迎してくれました。
 少人数校ということもあって、教室での授業は低学年、中学年、高学年の3クラスに分けて実施。それぞれ「生活科・ウマって、どんな動物?」「社会科・馬が作った北海道の歴史」「総合的な学習・厩舎で働く人々」と題して、1時間、勉強に励みました。
 その後は、いよいよ待ちに待った馬とのふれあいタイム。上美生保育所の子供たち7名も交じって、馬車に乗ったり、リッキーにまたがったり、ニンジンをあげたり、とリッキーとのふれあいを満喫していました。

楽しく、でも真剣に馬の学習に取り組んでくれた児童たち
PB180206.JPG

保育所のこどもたちも一緒に、馬にまたがったり、ニンジンをあげたり
PB180209.JPG

子どもたちを乗せて上美生市街を走るリッキー馬車
PB180220-2.jpg
  • (2015-11-28 11:16:42)
 当歳馬展示会に続く生産者支援事業として、全道祭典ばんば1才馬決勝大会に協賛いたしました。
 ばんえい競走馬の卵とも言うべき1歳馬たちが、全道の草ばん馬を経て出場するこの大会ですが、今年は、1日目(7日)に牝馬7頭が、2日目(8日)には牡馬3頭が出走し、1歳馬の頂点を目指して力走。出走馬の中には、新生ばんえいになってから活躍したニシキダイジンやキングシャープの産駒なども
いて、観客を熱く沸かせていました。

 
DSCF3285ss.jpg
牝馬の決勝レース。2着になったゼッケン2番はキングシャープ産駒。
  • (2015-11-26 09:56:25)
 生産者支援の一環として、毎年、当会から、当歳馬展示会出場馬に参加賞を提供していましたが、今年度からは、更に支援を強化。主催者である十勝馬事振興会に協賛金を提供いたしました。
 ばんえい競馬などで活躍する農用馬ですが、年々、その生産頭数は減少し、この展示会の参加馬も往時の半数にまで減少しています。そんな傾向に歯止めをかけるために、当会としても、どのような取り組みができるか、来年度以降も模索を続けて行きたいと考えています。

 今年も、牝10頭、雄10頭の出場と、頭数だけを見ればやや寂しい状況ではありましたが、オイドンやブラックボスなど重賞勝ち馬の半妹など良血馬たちが集まり、観客の目を楽しませてくれました。

ばんえい大賞典勝馬ブラックボスの半妹(父ハマナカキング)。引いているのはお手伝いに駆け付けた村上騎手。 
ブラックボス半妹s.jpg

父ウンカイの牝馬。祖母は重賞8勝の女傑ハイトップレディ
ハイトップレディ孫(父ウンカイ)牝s.jpg
  • (2015-11-26 09:17:54)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81